無料なのに使える!会計ソフト

取引の記録を行いやすくなる

個人や法人で事業を展開している場合、年に一度確定申告を行う必要があります。確定申告はその年の税金を算出し、納付するために実施する必要があります。税金を算出するためには、日々の取引をしっかりと記録しておくことが大切です。
具体的には、仕入や売上、従業員に支払った給料などの取引を記録し、最終的に損益を算出します。日々の取引を記録していなければ、正しい損益を算出できなくなるため、納付する税金が多くなったり、少なくなったりなどの問題が発生します。
そのため、取引の記録はしっかりと行う必要があります。取引を記録するのに適しているのが会計ソフトです。会計ソフトに取引を入力すれば、自動で最終的な損益を計算してもらうことができます。


会計ソフトは無料版でも十分な機能がある

会計ソフトは有料版だけではなく、無料版も存在しています。有料版と無料版の違いとしては、記録可能な取引の数やサポートの充実度などがあります。有料版の方が記録できる取引数が多く、データの入力や使用上に発生した問題に対するサポートが厚いです。
ただ、無料版でもデータを入力し、最終的な損益を簡単に算出することは可能です。そのため、会計ソフトは無料版でも十分に魅力的と言えます。無料版の利用に向いているのは個人です。
法人の場合は取引先が多くなるため、どうしても取引の発生数が多くなってしまいます。法人に比べると個人の方が取引件数は少ない可能性が高いため、無料の会計ソフトは法人よりは個人の方が使い勝手は良いと言えます。