ここまで来た?会計ソフトの凄い機能

決済履歴や口座から直接データを流用出来る

会計ソフトに対応しているならば、クレジットカードや電子マネーなどの決済履歴や、インターネットバンキングの預金口座があれば、そのまま会計ソフトにデータを流用できます。ソフトの設定画面から相手先の金融機関を指定するだけでできます。ただ、インターネットに接続できる環境でないと難しいので、注意してくださいね。
また、ネットショップが会計ソフトに対応している場合は、購入履歴からデータを取得することも可能です。この場合は、ネットショップの会員登録が必要なことがありますので、事前に準備をするとすぐに作業に取りかかれますよ。
データを自動的に流用するようにするには、同期させる等の処理をすれば、データに変動があった時に自動的に取り込むことも可能です。手間がかかりませんが、ウィルスに感染して経費データが漏れるリスクもありますので、セキュリティソフトは常に最新の状態になるようにしましょう。


スマートフォンを使って操作ができる

クラウド型の会計ソフトであれば、パスワードとIDさえ分かっていれば、スマートフォンからも接続できますし、操作も簡単に行えます。専用のアプリがある場合には、起動させるだけで専用画面にログインできます。気がついた時に、出先からでも出来ますので、手軽に取りかかれます。スマートフォンは、比較的データ容量の大きいプランに加入しておくと安心して作業が出来るでしょう。
レシートをスマートフォンのカメラで撮って、会計ソフトにアップロードすると、そのまま経費データとして入力できるものもあります。入力の手間が省けて便利なので、簿記初心者の方も帳簿付けしやすいでしょう。ただ、有料のオプションサービスとなる場合が多く、会計ソフトのシステム利用料金に加算されますので気をつけてください。